役割・組織・規程

  • HOME »
  • 役割・組織・規程

高等教育研究・開発センターの概要

1.設置の目的

 現在、日本の大学は「全入時代」と呼ばれる大学のユニバーサル・アクセス化、市場化・国際化といった課題に直面し、従来の体制を変革する様々な努力が求められている。大学設置基準によるFDの実施義務化や、厳しい雇用情勢等を背景としたキャリアガイダンスの正課内での実施義務化などは、その一例である。また、初年次教育や、教育の質保証への対応、学生を主体的な学びへ誘うための学修支援強化への取り組みも必要である。これらの課題に共通するのは、いずれも学部の枠を超えた学士課程における「全学的課題」である。
本学は、従来、こうした課題を全学的課題として分析・対応する体制が不十分であった。このため、2013年4月に関東学院大学「高等教育研究・開発センター」を開設し、上記の課題解決へ向けた全学的な諸施策の企画及び開発並びに教育内容及び教育技法の改善への取り組みを推進する環境を前進させることとした。

2.達成目標と効果

 「高等研」は、高等教育に関する調査・研究及び学内外の教育情報の収集を行い、主に学士課程教育に関する改革・改善のための諸施策を企画・立案する。また、国内外の高等教育情勢の把握、他大学の教育調査、高等教育関連のフォーラム・大学コンソーシアム等への参加を通じた教育情報の収集を行い、本学の教育課程の充実を図るための諸施策を企画・立案する。それらの取り組みにより、教育の質の維持・向上と学生の学修意欲の向上並びに学修環境の改善を図ることを目標とする。
さらには、他の部局・センター等との連携を深めつつ、本学の教育改革・改善の推進による教育力の向上と、それによる本学の社会的意義の向上に資することを高次の目標とする。

高等教育研究・開発センターへのアクセス

 関東学院大学高等教育研究・開発センターは、金沢八景キャンパスフォーサイト21の7階にあります。

フォーサイト21へのアクセス

 金沢八景キャンパスへのアクセスは、こちら

高等教育研究・開発センター規程

関東学院大学高等教育研究・開発センター規程(2012年12月20日制定、2015年3月19日改定)