Message

高等教育研究・開発センターに期待します

学長
規矩 大義(学長・理工学部教授)

 高等教育と一言で言っても、その背景はひと昔前に比べて遥かに複雑化、多様化しています。高等研の目的に掲げられた全学共通教育や教育・学習支援プログラムの必要性を実感する場面も増えており、センターとその成果を有効活用する機会が増えることを望んでいます。一方で、学部学科や教職員個々は、社会に送り出す学生像を真剣に考え、行動してきたと思います。組織的なFD活動だけでなく、個人が日々実践する小さな教育改善の精神も大切です。教育理念・目標に向けて、全学的な教育活動、共通教育を充実させることは重要です。ただし、平均化・均質化という弊害もあるかもしれません。教場を通じて直接学生に触れるのは、我々教職員ひとりひとりです。そして、そこで実践されるのは教化ではなく陶冶です。センターの強力な支援体制と教職員個々の学生への熱い気持ちが重なり合ったとき、センターを設置した本当の意義が見出されると思っています。